Archive for 6月, 2012

12年6月28日

木曜日, 6月 28th, 2012

6月はトピックスが盛りだくさんなので、更新2回分(ズルイ!?)を徒然ながらに書き留めておきます。

 来港25周年を迎え、26年目に突入……。

 例の計画は、自分のせいではなく、一瞬頓挫しかけながら、軌道修正して改めて続行中。そして、第2の計画も実現に向けて準備中。こちらはさらに長いこと冷凍保存されていた種が芽吹かんとしている、という感じ。

 ひるがえって日本では、大飯原発は再稼働するわ、消費税は値上げするわ——正気の沙汰とは思えない。開示されている資料に基づいてさえ、電力は足りているのに「足りない」と偽り、1%の人々は優遇されたままで、99%の人々からさらに搾り取るのに、「公平・中立・簡素」とごまかす。騙す政府も騙される国民も、〈ピー〉じゃないの。

 1989年の6月4日に起こった、いわずとしれた「64天安門事件」。23年を経ても香港では風化せず、一方、中国本土では風化どころか、はなから知らない、いや、知らされていない世代が台頭しはじめているとのこと。中国政府は日本の歴史教育を批判できないのでは。日本政府はアジア諸国のみならず、沖縄に対する負の歴史をも改竄せんとしているし。沖縄は再び琉球として独立の道を歩むべき。

 6月27日、香港文化博物館へ「ピカソ展」を観に行って参りました。入場料はなんと「HK$20(約200円)」ぽっきり!! 時間制限ありとはいえ、平日なので、13:00から17:00まで、初期の作品から晩年の作品まで、行きつ戻りつ、たっぷり観れます。しかも、舐めるように。なにしろカンバスまで2cmの距離まで寄れますから(ガラス越しですが)。描き足したのか、刮げ落としたのか、塗った色の順、筆の走る痕跡、絵筆の毛が抜けて絵の具の表面にへばりついているところまで視認できます。しまいにはピカソの息遣いまで聞こえるかと思いました。全身で全感覚で感じられる——何よりよかったのはその点です。作品そのものについては、素直に「なんでこう描いちゃうんだろう」と。

12年6月のお茶会

日曜日, 6月 24th, 2012

中國茶倶樂部

月例お茶会のお知らせ

 6月です。このお茶会を終えるととともに、2012年も折り返すことになります。区切りに相応しい(?)お茶をお選びいたしました。台湾高山烏龍の新茶です。お馴染み、台北の鴻餘茶莊から取り寄せた、すべてオーガニックの、大禹嶺、福寿山、奇莱山、梨山、杉林渓、合歓山です。このなかから2種類づつお淹れいたします。山ごとの味と香りの違いを確認しつつ、また、その美味しさをお楽しみください。とりわけ初心者の方は(もちろん上級者の方も)、台湾高山烏龍の典型ゆえ、特徴を摑む絶好のチャンスかと。さて、今春の出来は果たしていかに……。

時間:2012年6月29日(金)

   午前の部 10:00 11:00

   午後の部 14:00 15:00 16:00 19:00

 ※1回の定員は先着順に9名です。当日10:00より直接お茶室にてご予約を受け付けます。お友達の分もまとめて手続きされても結構です。19:00の回はご予約不要です。なお、10名以上になりますと、美味しくお茶が淹れられません。お時間にご制約のございます方は、余裕を持ってお越しください。

会場:香港銅鑼灣百徳新街22-36號 珠城大廈10/F. A6.

   A6. 10/F. Pearl City Mansion, 22-36 Paterson Street,

   Causeway Bay, Hong Kong

   Tel&Fax:2577-8688 E-mail:kame@chineseteaclub.hk

 ※ビルの入口は記利佐治街(Great George Street)側です。

料金:中國茶倶樂部会員 無料

        非会員 HK$150-

中國茶倶樂部「龜僊人窟」主人 池谷直人