Archive for 3月, 2012

12年3月26日

月曜日, 3月 26th, 2012

ここしばらく香港は過ごしやすい日が続いています。なぜか、いまの季節にもかかわらず、湿度が低く、爽やかで。しかも、太陽が顔を出すし。洗濯物がよく乾きます。

 長いあいだ温めてきた計画があります。温めすぎて腐りそうなので、そろそろ実行に移さねばと思います。当欄で宣言すれば実行せざるをえませんから内容についてはそのうち。毎日欠かさず行なっているストレッチ&筋トレと同じく、同計画も継続できますように。

 あと、唐突ながら、いま日本のテレビ(懐かしの歌番組)を観ながら書いているのですが、太田裕美が出ています。現在の歌声が基本的に当時と変わっていないのでびっくり(多少は声が落ち着いてきたとはいえ)。あのころは別に気になる存在というわけではなかったのに、最近になってその歌詞に改めてメッセージを感じ取ってしまったこともあり、おまけで一文。

★新規初級コース受講生募集中!

(月)10:00~12:00 いつからでも開講可能

(火)10:00~12:00 いつからでも開講可能

(木)10:00~12:00 いつからでも開講可能

 ※定員になりしだい開講いたします。

  ご興味ございます方はお気軽にお問い合わせください。

★日本支部お茶会 日程が決定!

 関西支部:5月6日(日)

 中部支部:5月8日(火)

 関東支部:5月11日(金)、12日(土)

 ※お問い合わせは各事務局あて。

12年3月のお茶会

日曜日, 3月 25th, 2012

中國茶倶樂部

月例お茶会のお知らせ

 3月も終わり。そろそろ、いよいよ、春。緑茶です。というわけで、浙江雲霧茶をお淹れいたします。浙江は龍井をはじめ、各種緑茶の産地です。もちろん、今年の新茶です。そして、もうひとつは紅茶、滇紅(雲南紅茶)をお淹れいたします。こちらは季節の新茶というわけではありませんが、いままでにない、初めての、まるで○○○のような味と香りの衝撃を、ぜひ、体験していただきたいと思いまして。

時間:2012年3月30日(金)

   午前の部 10:00 11:00

   午後の部 14:00 15:00 16:00 19:00

 ※1回の定員は先着順に9名です。当日10:00より直接お茶室にてご予約を受け付けます。お友達の分もまとめて手続きされても結構です。19:00の回はご予約不要です。なお、10名以上になりますと、美味しくお茶が淹れられません。お時間にご制約のございます方は、余裕を持ってお越しください。

 ※参考データ

   前月(2月):10:00=07人 11:00=04人

        14:00=05人 15:00=04人 16:00=04人 19:00=02人

   前年3月:10:00=09人 11:00=09人

        14:00=02人 15:00=09人 16:00=03人 19:00=05人

会場:香港銅鑼灣百徳新街22-36號 珠城大廈10/F. A6.

   A6. 10/F. Pearl City Mansion, 22-36 Paterson Street,

   Causeway Bay, Hong Kong

   Tel&Fax:2577-8688 E-mail:kame@chineseteaclub.hk

 ※ビルの入口は記利佐治街(Great George Street)側です。

料金:中國茶倶樂部会員 無料

        非会員 HK$150-

中國茶倶樂部「龜僊人窟」主人 池谷直人

12年3月5日

月曜日, 3月 5th, 2012

情けないことに月2の更新が果たせなかった2月が過ぎ、3月を迎えての第一弾!

 重要かつ盛りだくさんのお知らせがございます。

★(火)14:00〜16:00クラスの中級コースについて

 初級コース(2月21日〜3月20日)が終了したのち、中級コースは4月17日開講(4月17日、4月24日、5月22日、5月29日、6月5日 ※5月1日、同8日、同15日はお休み)となります。振り替え補講を予定されている皆様、くれぐれもご注意ください。

★研修旅行について

 以前より予告しておりました通り、今春は日本の九州を訪れます。昨春の「中国から日本へのお茶の伝来を俯瞰する旅」中国編に続き、同日本編というわけです。いつもの中国や台湾と異なり、日本は予約を早くする必要があるので、いつもより早めにお知らせいたします。

●日程

 5月13日(日)〜17日(木)

 ※福岡集合・解散。〜17日(木)なのは、香港へ戻る都合によるので、日本国内発の参加者は〜16日(水)でも可ですし、また、いずれの参加者も前泊・後泊される場合は各自でご随意に。

●見学場所

 脊振山(佐賀)→八女(福岡)→嬉野(佐賀)→有田・伊万里(佐賀)→平戸(長崎)→出島(長崎)→聖福寺(福岡)

 ※脊振山、平戸には栄西が植えたとされる茶園。八女、嬉野は現代の日本茶の産地。有田、伊万里は焼き物の産地。出島には大浦慶(日本茶輸出の先駆け)の足跡。聖福寺は栄西が開山。

●費用

 5、6万円

 3泊ないし4泊分のホテル代、移動交通費、入場料、研修費など(各自による福岡までの往復交通費、食費、お小遣いなどは除く)。

 ※人数によって公共交通機関かレンタカー、あるいは観光バスを利用するので、変動あり。

締切

 3月31日(土)

 ※締切後でもフライトとホテルの予約さえ取れれば受付。

★日本支部お茶会について

 こちらも研修旅行の日程にともなって早めのお知らせとなります。

 関西支部:5月6日(日)予定

 中部支部:5月8日(火)か9日(水)予定

 関東支部:5月11日(金)、12日(土)決定

 ※お問い合わせは各事務局あて。

 研修旅行も日本支部お茶会も、多くの方々のご参加をお待ちしております。