Archive for 4月, 2011

11年4月のお茶会

水曜日, 4月 27th, 2011

中國茶倶樂部

月例お茶会のお知らせ

 先月は東日本大震災の義捐金に向けた募金活動へのご協力ありがとうございました(詳細は「最新情報」欄をご覧ください)。

 さて、今月は先の研修旅行で購入して参りました江南の緑茶各種をお楽しみください。新昌龍井、径山茶、安吉白茶(2タイプ)の全4種類のうちから2種類ずつお淹れいたします。

 日本では原発事故がいつ収束するかわからない状況ではありますが、春の訪れを告げる新茶で、ささやかな幸せをお感じくださればと思います。中国から日本へともたらされたお茶の歴史をたどりながら、中国および日本のお茶請けとともに、お召し上がりいただきます。

 

時間:2011年4月29日(金)

   午前の部 10:00 11:00

   午後の部 14:00 15:00 16:00 19:00

 ※1回の定員は先着順に9名です。当日10:00より直接お茶室にてご予約を受け付けます。お友達の分もまとめて手続きされても結構です。19:00の回はご予約不要です。なお、10名以上になりますと、美味しくお茶が淹れられません。お時間に制約のございます方は、余裕を持ってお越しください。

 ※参考データ

   前月(3月):10:00=09人 11:00=09人 14:00=02人

15:00=09人 16:00=03人 19:00=05人

   昨年4月:10:00=09人 11:00=01人 12:00=03人 14:00=08人

15:00=00人 16:00=01人 18:00=03人 19:00=04人

 

会場:香港銅鑼灣百徳新街22-36號 珠城大廈10/F. A6.

   A6. 10/F. Pearl City Mansion, 22-36 Paterson Street,

   Causeway Bay, Hong Kong

   Tel&Fax:2577-8688 E-mail:kame@chineseteaclub.hk

 ※ビルの入口は記利佐治街(Great George Street)側です。

 

料金:中國茶倶樂部会員 無料

        非会員 HK$150-

 

中國茶倶樂部「龜僊人窟」主人 池谷直人

11年4月27日

水曜日, 4月 27th, 2011

久々の更新! お知らせが盛沢山です。

 4月は研修旅行に日本支部お茶会にと、香港を留守にすることが多く、いささか疲れました。とはいえ、充実した日々でした。研修旅行では中国の江南を巡り、さまざまな緑茶に触れながら陸羽や日本の名僧たちの足跡をたどることができ、日本では京都の楽美術館を訪れて千利休に思いを馳せ、また、鎌倉の寿福寺に詣でて栄西を偲び、と。

 ただ、その一方で、余震に加えて原発事故はさらに深刻さを増すばかり。事故を起した東電と原発を推進してきた日本政府の言い分は、当事者なのだからあてにならないのは当然で、ある意味、他人事視している海外からの情報のほうが、信頼度が高いかもしれません。願うは平穏な暮らしよ再び、ということですが……。

★お礼 東日本大震災の義捐金

 3月の月例お茶会で募らせていただいた東日本大震災の義捐金に、多くの方がご協力くださいました。ありがとうございます。集まった総額HK$3,500-は3月29日に香港日本人倶楽部を通じて寄付させていただきました(預かり証は当倶樂部に掲示中です)。

★新規初級コース受講生募集中!

 (火)10:00〜12:00 5月3日開講決定!

 (火)14:00〜16:00 5月17日開講決定!

 (月)10:00〜12:00 5月16日以降、定員になりしだい、いつでも開講できます。

 ※ご興味ございます方はご遠慮なくお問い合わせください。

★紅茶試飲会

 ダージリン&スリランカの新茶(ファーストフラッシュ)が続々入荷しています。中國茶倶樂部では下記の要領で試飲会を開催いたします。

 日程:

  ダージリン(2011年ファーストフラッシュ×3)

   ・5月9日(月)10:00〜12:00

   ・5月20日(金)14:00〜16:00

  ダージリン(2010年オータムナル×3)

   ・5月12日(木)14:00〜16:00

   ・5月20日(金)10:00〜12:00

 費用:

  1回参加 会員=HK$120- 非会員=HK$160-

  2回参加 会員=HK$220- 非会員=HK$300-

  3回参加 会員=HK$310- 非会員=HK$420-

  4回参加 会員=HK$390- 非会員=HK$520-

 ※各コースとも定員9名です。参加ご希望の方は第1希望・第2希望の曜日・時間を明記のうえ、5月7日(土)までにお申し込みください。先着順とさせていただきます。重複参加もできます。

  以降も新しいお茶が届きしだい開催して参ります。

★「備忘録」まもなく更新!

 最後が2年前とは……改めて反省。まもなく更新するのは「お茶の歴史を江南の春に巡る」〈資料編〉です。先に催行された研修旅行のために書いていたものなので、掲載も早くできるのですが(「備忘録」に収録するに当たり加筆)。〈紀行編〉も追加予定です。

 調べているテーマはこのほか「烏龍・鉄観音の謎」、「中国茶とダージリン紅茶 アプローチの違い」、「蓋碗と焗盅」などがあります。いずれも調べれば調べるほど深みにはまり、どうにも身動きできなくなってしまったものですから(言い訳)。